尾張町

ここは小さな町で、大所帯から来た私に取って興味深い。まだまだ町の事は分からないが、この辺り歩道が整備されてるので歩行には安全だ。しかも夜も街灯が多く明るい。ここが大きく地方と違うところかな。年配者になると散歩は大事な日々のルーティーンだ助かる。近くには浜松城公園。中央の公園など意外にたくさん公園もある。街中を歩くのも楽しい。と言いながら余り出てないがw。しかしとてもヘルシーだ。この仕事はあちこち見て歩くのも仕事だから趣味と実益になるし。

続く。。

く。。

尾張町

当店は現在浜松街中の尾張町に位置します。もう移動して2年目となりました。尾張町というのは小さな町で。自治会もかなり小さいです。ですから防災訓練なども出欠を取って開催する様です。まぁ合理的ですね。前の鹿島は大所帯でそんな事はありませんでした。そんな西鹿島は天竜区の街中とも言えますw でも尾張町は浜松中心部とはいえこの辺りも個人商店は芳しくありませんね。つい最近も知多屋さんと言う老舗の和菓子店さんが閉じました。かなり前には購入した事ありましたが、こちらに移動してからは寄ってなかったのが心残りです。まだ天下堂さんと言う洋菓子店さんもあるので早いうちに寄りたいと思います。続く。。

鹿島懐古

先日も40代のお客様と受け渡しの際に鹿島の商店街の話をしたが、その御人曰く、もうここには商店街はないでしょう駅前にコンビニもできて最高ですと。。長年商いを続けて来た商店主がどんな思いで店を畳んだかの想像力もない様だつた。これでは全国的どこに行っても金太郎飴の街になるのは致し方あるまい。コンビニでお金をおろしスタバでコーヒーを啜りタッキーで並んでしょっぱい衣付の鳥をほうばる。どこの街でも見かける風景となった。静岡市の様に駿府城公園にスタバ設置を拒んだ位の気概がないと益々金太郎化は進むと思った。

西鹿島駅前にコンビニ

一般的にはコンビニが出来て便利になった様に見える。しかし商店街的には近くに弁当屋さんもあるのでお客さんの減少は出てくる。コンビニは名の通り何でも屋。戦々恐々とする商店は出てくると思う、て言うか既に生き残ってる飲食店も僅かだが。。最近は食品もステルス値上げが増えた。先日もみたらし団子を食べたら殆どタレがなかった。みたらしではなくなっている。シュークリームもアレこれクリームこれだけとか。菓子のネーミングも変えなければいけない時期に来てるかも。でもステルスは良くない。心中察するが堂々と値上げしますと宣言して欲しいものだ。失った信用を取り戻すのは大変な事だからだ。

西鹿島駅前通り

西鹿島駅前通り

あれから西鹿島駅前商店も更に減り商店街とは名ばかりとなった。稀に頑張って開店する業者もあるが、短期で閉店など寂しいものだ。ひとつには駐車場が無いのも要因となる。

旧店舗造りの為、店舗前に駐車場が無い。これは今や致命的だ。二俣もそう。借金して駐車場設備のある店舗にするには立地も適さない事もあろう。

そして最近は養老院系の送迎バスも見なくなった。この辺り年寄りもいなくなったと言う事だろう。

戦後を支えた今の年寄りは先代に必死で使えたが、自分の代には若い者が面倒見てくれず、速攻で養老院。あの人はどこだになる、最近はこの辺りは葬式の回覧も回さなくなり、そして若い人の新聞購読者も激減してるからまたあの人はどうしたとなる。

この辺もまた寂しいとこだ。できるだけ地元を応援したいと言う言葉も合併に寄り更に聞かなくなった。今の建売購入者は駅近と言う謳い文句に釣られて来た人が多く。昼は仕事で浜松、夜は天竜で寝るだけと言う習慣も手伝っている。長くなるので続きはまた。。