西鹿島駅前通り

西鹿島駅前通り

あれから西鹿島駅前商店も更に減り商店街とは名ばかりとなった。稀に頑張って開店する業者もあるが、短期で閉店など寂しいものだ。ひとつには駐車場が無いのも要因となる。

旧店舗造りの為、店舗前に駐車場が無い。これは今や致命的だ。二俣もそう。借金して駐車場設備のある店舗にするには立地も適さない事もあろう。

そして最近は養老院系の送迎バスも見なくなった。この辺り年寄りもいなくなったと言う事だろう。

戦後を支えた今の年寄りは先代に必死で使えたが、自分の代には若い者が面倒見てくれず、速攻で養老院。あの人はどこだになる、最近はこの辺りは葬式の回覧も回さなくなり、そして若い人の新聞購読者も激減してるからまたあの人はどうしたとなる。

この辺もまた寂しいとこだ。できるだけ地元を応援したいと言う言葉も合併に寄り更に聞かなくなった。今の建売購入者は駅近と言う謳い文句に釣られて来た人が多く。昼は仕事で浜松、夜は天竜で寝るだけと言う習慣も手伝っている。長くなるので続きはまた。。

特別区

天竜区は広大な面積が殆ど山間部で人口は今や三万に満たない。

二俣地区が全体の三分の一を締める。他地域は過疎化の為。単独区が必要とか。

それならば合併せず、天竜市のままで良かったとの声も聞こえる。合併を拒んだ森町は早くもワクチン接種を行っている。

天竜区は山間部の自治体がある為天竜市のままは無理だったのかも知れないが。寂しい話だ。続く。。

鹿島の話

昔この辺りは河原だった様だ。だから地面を掘ると大きな丸い石がワンサカでる。当店も建つたころも土方のオジサンが苦労してたくらい。続く。。

鹿島事情

藤の花

鹿島地区は10年以上前に比べ店舗が減っている。多くの要因は杏林堂が真横に出来た事による。その他はバイパスが東側に通りクルマの交通量が激減したこと。皮肉な事に道路アクセスが便利になると地元商店街は過疎る。これは二俣街道も言える事。続く。。

西鹿島地元話し

西鹿島駅前通りも店舗の閉店が最近は加速し、今や数えるほど。。駅前は駐車場の乱立となり価格の下げ合いが加熱。いいことがないですな。杏林堂の悪口言うわけではないが、上島に出来た頃から加速したかな。今やこの狭い地区に2店舗。最早個人店の生きる道はないですな。困ったものです。